走りながら考えてみよう!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
釧路新聞一面のコラム、余塵が酷い件について
2011-12-02-Fri  CATEGORY: 未分類
今日の釧路新聞一面の余塵が酷い。

要約すると「学力テストで根釧の成績は低いがそれは気にしないで
子供はおおらかに育てればいい」という内容。こんなことを言える
のは、せめて全国平均以上の成績を取っている地域の話。根釧はその
レベルに達していない子が多いのに。

根釧の場合、高校卒業時点で社会人として通用しないレベルの卒業生
が相当数いて、その原因は小学生時分の学習に寄るものと聞いている。
漸くその問題の解決に真剣に取り組もうとする人達、学校が出てきた
のに、新聞記者の見識がこの程度かとがっかりさせられた。

この余塵には教育者や吉田松陰の言葉を例に取っているのだけれど、
その使い方も酷い。元の意味は「勉強だけではなく、人間性も育て
なければいけない」ということであろうに、前半を「勉強しなくて
いいから」と曲解して引用している。このコラムを読むような人は
苦笑すると思う。

おおらかに育てるのは、最低限の知識、学習能力、社会常識が備わった
上でならその方が良いけれど、残念ながらそのレベルに達していない
子どもがが多い現状は見過ごせない。釧路新聞自体は根釧の教育問題に
言及して良い記事を掲載してるのに残念なコラムでした。

※ ツイートした内容を改行のみ変更した。
トラックバック0 コメント0
<< 2011/12 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


Copyright © 2017 走りながら考えてみよう!. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。